人工知能の研究と開発

住所認証AIシステム

ベトナム語で手入力された文字列の画像を読み込んで、住所認証AIシステムを開発しました。

成功率が90%であげられました。

犯人行為認証AIシステム

カメラで人の姿勢を認識するモデルを開発して、このモデルで犯人行為認証できるシステム構築した。

モノのインターネット研究と開発

なぜモノのインターネットか?

  • IoT(Internet of Things、モノのインターネット)とは、身の回りにあるモノがプロセッサやIDタグを持ち、モノが直接インターネットに繋がっていると形容できる状態を指します。
  • スマホが普及し、機能の一部をスマホに任せることができるようになるから。
  • 今IoTは世界の傾向になるから。
電灯制御

ブルートゥース受けモジュールを電灯に付けて、携帯のアプリを開発した。電灯のON/OFFは携帯で制御できる。全部ON/OFFだけではなく、1つずつの電灯で制御できる。

Andruinoロボット

Atmel AVR マイコンチップを実装した基板と開発システムから構成される、オープンソースハードウェアのArduinoを基づいて、Wi-fiで制御できるスパイダーロボットを作った。現在、前・後へ行き、右・左を曲がれる。

指紋を認識してセキュリティシステム

ZINZAのドアーセキュリティーのために、指紋を認識するモジュールを使って、自分のセキュリティーシステムを作成する。セキュリティーだけではなく、作業時間、残業時間の管理機能も付ける。